You are currently viewing だめサイトを簡単に改善する3ステップ ー4

だめサイトを簡単に改善する3ステップ ー4

製品やサービスが良いだけでは、売り上げはあがりません。既存のマーケ活動の展示会・電話・DMなどは膨大な予算が必要で難しと考える会社は、ネット・マーケティングでより多くの人に製品・サービスを知ってもらえる機会を作りましょう。

ネット・マーケティング活動(米国ではインバウンドマーケティングと呼ぶ)で ネット知名度ゼロ、予算なし、担当なしの状態から、業界トップの知名度になるための基本3ステップを実践しましょう。

マネージメント提案

1.チーム・ゴール設定しマネージメントを仲間にする

  • ターゲット顧客の明確化し共有しましょう
  • 顧客のどのような問題を解決すかを、もういちど、3つ考えよう
  • 顧客の問題解決するための・機能ースペックはなにかを3つ考えよう
  • 基本活動は「1)ウェブ・2)ブログ・3)ソーシャルメディア」の3つの活動とし、マネージメントにゴールとその期限を提案: ”良い製品はうれない=多くの顧客が良さを知らなければうれない=マーケキャンペーンは必携”

2. ウェブサイトの見直しから始める

連絡先ページ:どのページからでも顧客が連絡できるよう(Call to Actionクリック)を追加する。 TIP: 連絡してもらうためには、クリックするリンクに 「コンタクト」「連絡先」「メルアド」「クリック」を使うのは今すぐやめよう! これらをクリックする人は0.5%くらい で低い。必ず動詞を必ず含む文書リンクやアイコンを作ること(例:評価しよう・自分をテストしよう・ コンテストに参加しよう など)

自動返信機能:メールの自動返信機能(Auto Ponderer)をONにして、連絡してくれた人にはお礼メールを自動送信。必要に応じてステップメールをセットする。*注意:ステップメールを行う際は個人情報などのプライバシーの条文を連絡メール記入の際に追加する。

ランディングページ: ウェブ検索やウェブ広告から自社サイトに飛ぶページを作成する。このページは、必ず 「顧客の問題ー解決法」を含む、「広告しない=グラフィックスを1つ入れる」、「内容はシンプル」にすること。これにより、連絡してもらえる確率が上がります。(CTAと言う)

ウェブ見直し

3. 顧客問合せを増やす仕組み作りで結果を出す

ウェブサイトの「訪問から問合せの割合」の計測にはコンバージョンタグと呼ばれる、計測タグをランディングページ追加しましょう。問合せの目標 (CTA)は1%に設定し、継続的にモニターできるようにします。*1%以上になったらGOOD JOB! それまではとにかくウェブの内容充実に80%の時間を費やしましょう。

具体的な、会社への問合せアップは下記をトライし計測値の変化をみてみましょう。


  1. 会社の宣伝ではない、顧客本位のブログを始めよう
  2. ウェブサイトで無料サンプル、デモ、トライアル・プログラムのページを作成して問合せ促進させる *フリーサンプルやフリーソフトの配布前は、メディア・影響力のある人たち(Bloggerなど)2-3名に情報を送信すること。
  3. 社内のホワイトペーパー・報告書・リサーチ結果などを公開 *公開前後は、 メール、ソーシャルメディア で発表しよう。 *重要な発表はプレスリリースを使おう。
  4. 第3者がコメントページもしくは、ランディングページに追加。(専門家・有名人・業界通などにお願い)

<まとめ>

いかに顧客問合せを増やすかを、始めの3ステップとして紹介しました。 よくある質問とは、「問合せはあるが、買わない顧客はどう対応したらよいか」です。 これらの顧客は 「リードを温める」 つまり、定期的に有用なメール(引用、セール、ハウツー物など)をフォローアっプ送付するしかありません。 送付方法は、電子メールは統計的に無視する人が多いので、ブログ・ソーシャルを使いましょう。