You are currently viewing ブログで愛読される文章を書けるライターとは-6

ブログで愛読される文章を書けるライターとは-6

<グーグル検索トップになるまでは最低1年はかかります。 通常は「3年」あれば業界ネット上トップ地位になれます>

1.ウェブマーケにはチームが必要! (ライターは2種類)

管理者ライター  (コンテンツマネージャーという) コンテンツのまとめ・文章校正・出版時期管理などを行う人

一般ライター 社員や契約ライター(職務規定で仕事内容に入れること)

TIP: 社員ライターの書きたくない人の言い訳は「自分の仕事でない!」「時間がない!」、始めに顧客ニーズの変化を知ってもらい⇒みんなが先生で⇒みんなの声が大切の意識付けをマネージメントが行うことが大切

管理者ライターは資質のある人を選べ (成功の秘訣)

管理ライターのスキルは下記を持っている人が最適だが、始めから、適応している人は少ない。経験では、ジャーナリズムを勉強・興味ある人は適応が早い。

  • 書くのが好きな人(趣味が書くこと)
  • 文章の校正ができる人 * よくできていない文書をコンテンツにできるか?
  • インタビューができる人:消費者の目線で質問できる
  • ソーシャルメディアが好き 
  • ビデオを編集できる(趣味)
  • 人に好かれる
  • 人がスイッチONになるのがわかる
  • 整理整頓ができる
  • 解析好き、数字好き
  • HubspotやInfusionsoftなどの経験

(候補者の選びのポイント) 文章のアウトラインを渡して、実際にコンテンツを作ってもらいましょう。  解析好きな人は重要。 名刺入れではなく自分のBlogやYoutbueアカウントのリンク数。 コンテンツを書ける人(技術的ではなく、実世界。。。一番いいのは1万円でトピックから書いてもらい UPして評価、もしくはYoutubeを作成してもらう

経験よりデジタル化した人を雇う方がすぐに覚えてくれます。(デジタル化した人とは:ブログ読んでいる人、ニュースの入手法はネット、名前はGoogleで検索可、プログやっていて更新している人、ツイッター・ユーチューブのチャネルも持っている人)

ライターはエネルギーある人(イケイケの人は適正あり)、他の人をエキサイトさせられる人もよい。また、競争心が異常に強い人は比較などを書かせるとうまい。(ただし、性格悪い場合が多いので注意)

管理ライターの週時間配分のガイドライン

  • 3つ以上のコンテンツ制作発表:Text, Video, audioなんでもOK -2日
  • メールマーケ -4時間
  • サイト分析・SEOなど -2時間
  • 他のコンテンツ制作 (ホワイトペーパー、ウェブナーなど)4時間
  • ウェブサイトUpdate: 3時間
  • トレーニング:自分Hubspotやアプリ -4時間
  • ブレーンストーミングセッション(セールス情報シェアなど) -3時間

2. 管理ライターはチームが作成する文書を絞ること

顧客の疑問に答える会社を作るに専念せよ!

1)価格コスト

2)問題点

3)製品比較

4)レビュー

5)業界ベスト 

TIP 1: 自社宣伝より、顧客質問に的確にこたえるサイト作りを重視する 

TIP 2:顧客からの問合せ回答はすべてブログのネタにすること

ブログ以外もたまには作ろう>

  • ホワイトペーパー:顧客教育、業界トレンド、顧客のチャレンジ、などを書け
  • ビデオ:ユーチュブなど、2-3分以内で業界をはじめに -拡散スピードは比較的遅い
  • ウェブセミナー:業界の注目トピックスについて
  • ポットキャスト:10~20分以内でエキスパートなどのインタビューに使え
  • インフォグラフィック:スライド共有サイトで広げる

3.業界トップになるためのチームの3年計画

始めの3か月間 営業(顧客)との情報交換から生まれた問題についての解決法について書きまくる ( 最低2~3の新しいコンテンツを作成(VideoなどでもOK) )


2~3か月目: グーグルのターゲットキーワードで1ページ目に掲載される

3~6か月 業界のエキスパートの地位をウェブ上で築く

4~18カ月 営業数字が出てみんなに還元

18~36カ月目で始めよう コンテンツ作成コミッション制度導入(お金を払う)


4. 経営層のサポートが成功の秘訣 

マーケ活動は会社の社長ー従業員までが全員サポートするために会議を設定し、ROI(結果)を図るツールを入れてフィードバック会議を定期的に開催することが大切です。 マネージメントのネットマーケ目標に対する100%サポートが無いと孤立した活動となり、最終的なゴールにたどり着けません。