You are currently viewing 他社に勝つネットマーケ戦略-5 

他社に勝つネットマーケ戦略-5 

広告宣伝にかける予算が少なくても、ウェブ上での競合に勝てる方法はネットの活用です。一般人の画像がユーチューブで拡散して世界中で有名になることはよくあることで、それに似た現象をネット上で戦略的に作ることができます。

ネット戦略で大切なこと

作業1.製品・サービスを3つ選ぶ

優先順位: 会社のサービス・製品を全リスト化し、売上・重要度で順位付けしよう!

ブログ作成: トップ3のサービス・製品だけ ”価格・コストに関する (業界コストと自分のコスト) ” のブログを作成ししょう!

アップロード: 作成したブログを会社の製品サイトに「価格タブ」 を付けてリンクすること!

作業2.3つの問題点について書く

トップ3のサービス・製品に関してよくある顧客クレームや質問に対し、トップ3をヒアリングしよう!

その 問題とその解決法を読者の目でブログ化する *人は買った場合の問題に興味あり(良い点はあまり興味ない) ”評価” ”問題点”などの検索は多い

作業3. ウェブサイトの見直し

自社ウェブサイトにおいて、ウェブマーケティングにおいて「顧客問合せを増やす仕組み」を持つことは最低限必要です。 自社のウェブサイトの見直し (リンク)で必要な機能が備わっているかチェックしましょう。

作業4: ネットマーケの活動を3つに絞る

ネットマーケの媒体は沢山あるので、予算・人員が限られている場合はマーケティング媒体(メッセージ発信)を3つ選びます。始めは ブログ・ソーシャル (ライン・フェースブック・ツイッター)・ユーチューブ が視聴者多いので良いでしょう。そこに会社のメッセージ(コンテンツ)を流してゆきます。

作業5: ブログのタイトル・トピックは「比較」のみ

ウェブマーケで読まれやすいタイトル・トピックは決まっているのでガイドラインに従いコンテンツを書いてゆきましょう! 購入に興味を持つ読者は「比較好きです!」まずはこの分野でとことん書きましょう!

*  作業1で書いた、「価格とコスト」 に追加して見込み客から受けた比較質問につてい書きましょう! (製品、ブランド、方法、会社、などの比較が読まれます!) 

<書き方TIP>

「比較コンテンツ」では読者の信頼を得ることが重要。そのためには下記の3つを守りましょう!

  1. 会社製品のユニークな部分を強調 例:弊社はxxxに特化している。 
  2. 真実のみ: 例:弊社の製品はすべての方々のソリューションではない、他の会社の使い方、必ずPro-Conを述べ、自分の宣伝や独り勝ちはではない状況説明 
  3. チョイスを顧客に与える

作業:6 タイトル・トピック「レビュー」で追記

比較のブログ 副産物として、製品レビュー を書きましょう! まずは競合なども入れて 業界をいろいろな角度から 各社の製品・サービスの比較・レビューを書いてみます。-<重要>

<書き方TIP>

他の会社の良いところは認め文章中では競合しないこと。とにかく業界エキスパートになることを目的にベストは何かで レビューを書くことです。 (BEST IN CLASS)

まとめ

顧客の疑問に答えるウェブ広告を作ることが、ウェブマーケでは大切です:これを達成できればグーグル自然サーチでいつもトップ検索結果になります。 


もう一度ウェブでの勝因をリストしてみました

  1. 顧客の期待の変化 ウェブで調べる以上の情報が欲しい 
  2. グーグルサーチは自社宣伝より、顧客質問に的確にこたえるサイトを重視 
  3. 顧客に興味あるトップ5はグーグルによると:価格コスト・問題点・製品比較・レビュー・ベストです。
  4. 毎日の顧客からの質問に答える形で、コンテンツトピックをブレーンストーミング
  5. コンテンツがいかにセールスツールになり売り上げが上がるか!を情報の共有しよう
  6. 顧客との接触が、素晴らしいコンテンツを生み出すので 顧客に触れる人が大切 
  7. ネットマーケは担当が必要、コンテンツ当番の頻度、テキスト・ビデオ、他のメディアなんでもOKです
  8. 週に最低2~3の新しいコンテンツを作成(VideoなどでもOK)